FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

仕事探しのポイント

強調文就職活動がうまくいき、どんな会社から採用の連絡をもらったとしても、最後の最後に決断をするのは自分自身です。

 人任せの部分を作らず、自分自身で決断を下すことが肝心です。

 家族や友人が勧めてくれた求人でも、自分には合わないと感じたら、遠慮することなく断りましょう。

 定年までは、起きている時間の半分以上を仕事をして過ごすわけですから、間違いのない選択が大事です。

 慎重になり過ぎるのは良くありません。

 しかし自分が向上していける仕事なのか、職場の人たちとの信頼関係や家族との生活を築いていけるのかどうかなど、判断しなければなりません。

 せっかく新しい職場を決めても、何となく「違う」という感じを抱くと長続きしないもの。

 そしてまた一から職探しを始めるのも大変です。

 職探しの基準は人それぞれで、何が大切なのかを明確にすることが必要ですね。

 色々な仕事があり、色々な条件がありますが、一番優先したいのは場所か給与か時間か内容かなど、優先順位に基づいて希望を絞っていくのも方法です。

 職選びの結果が思うようなものではなかったとしても、自分の責任でしっかり続ければ後悔することはありません。

 ま
た頑張ろうという気持ち、もう一度トライしてみようという前向きな気持ちで、職探しの再出発が出来るのです。

 独りよがりの職探しは、間違った方向へ進む場合もありますから、周りの意見も参考にしながら、良い選択をしていきたいものですね。

スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:-

職さがしの方法

ハローワーク以外にも仕事さがしをする、いくつかの方法があります。

 一般の企業では今ではたくさんのメディアを通して仕事の情報が提供されるようになってきました。

 仕事さがしは、ハローワーク以外にもざまざまな手段があります。

 人材会社・人材派遣会社に登録する。

 新聞広告や求人雑誌で応募する。

 またインターネットからの応募などもあります。

 この中でも、インターネットの求人サイトの情報は、職種、雇用形態、地域、休日、給与などで検索ができることから、自分の希望にあった会社を見つけることができるのです。

 紙面等の応募では時間も日にちもかかる作業もフォームで入力できます。

 履歴書や職務経歴書を郵送して結果を待つより早い時間で結果がわかります。

 ネット上では簡単な履歴書等のかわりにエントリーシートを送信することで、すぐに面接し、合格や不合格がわかるのも早いということです。

 そして、ネット上では、企業から自分あてにスカウトをしてもらえるシステムもあります。

 自分を知ってもらうために、履歴書などを企業に公開し(匿名でできます)、是非会いたいと思ってくれた企業側からのスカウトを受けるのです。

 人材派遣会社での職探しでは、その派遣会社のスタッフとして登録します。

 そして求職者のスキルを考慮し、人材を求めている企業を紹介してくれます。

 スタッフと派遣先企業との間で合意すれば、派遣先会社と派遣会社との間に労働者派遣契約が結ばれ、それと同時に、派遣会社とスタッフとの間に雇用契約が結ばれることになります。

 このように職探しの方法はたくさんあります。

 自分のスタイルに一番合った方法を見つけることが職探しのポイントになると思います。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

| 就職・転職・アルバイト・パートを探すならTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。