FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

女性の引越しアルバイト

体力に自信のある男性が重たい荷物を運んでいく印象のある引越しのアルバイトですが、女性の出番はあるのでしょうか。

 女性が引越のアルバイトをいる時は男性と同じく荷物の運搬も行いますが、引越元や引っ越し先をきれいに清掃したり、男性に見られたくない下着類などを扱うこともあります。

 また、引越スタッフが全員女性であることが売りのサービスもあります。

 一人暮らしの女性住まいの引越に重宝されます。

 ただし、体力勝負であり、女性だからと遠慮はしてくれません。

 男性と同じ体力を求められては、思わぬ事故や怪我を招いてしまいます。

 一見よさそうな引越のアルバイトの話があっても、本当に最後までやり通せるのかもうじっくり考えるべきでしょう。

 ただ、ダイエット効果や早起きなど、生活習慣を良く保てたり意外とプラスの事もあるようです。

 掃除のテクニックや、整理整頓のコツなどもアルバイトを通して身に付くことがあります。

 探してみれば、運転免許証がなくても採用してもらえるような、引越アシスタントという仕事もあります。

 体力
仕事であることには変わり在りませんが、接客態度や作業の早さなどの細々した部分も大事です。

 ただし男性と同じく体力を過信してはいけません。

 なるべく無理をしすぎないよう、自分の体力に見合った内容の仕事を選べば仕事も長続きします。

 会社によっては、女性は無理です。

 という、ところも多いようなので、根気良く探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:-

引越しのアルバイト

引越しのアルバイトはよく知られているアルバイトの一つです。

 力持ちの人や丈夫な人のための肉体労働だと思われがちな引越しのアルバイトですが、細かく丁寧な作業が必要となる場面も意外と多くあります。

 日給が高いという点が、引越のアルバイトの人気がある理由です。

 バイト代の他にも、客先からの「ご祝儀」として何千円かの臨時収入がもらえる場合もあります。

 日給の平均は9,000円くらいです。

 はじめての人は酷い筋肉痛になってしまう覚悟が必要かもしれません。

 肉体労働であることには変わりなく、特に持久力が要求されます。

 引っ越し先がどんな場所なのかで、労働の内容はガラリと変わります。

 エレベーターが使える場合は荷物を持ち上げる時もエレベーターでできますが、一戸建ての場合は階段や狭い廊下で家具を運ばなければならなくなります。

 階段を使って全ての家具を搬入する場合などは、同じ家具を一階に入れる時やエレベーターが使える時とは労働の辛さが格段に異なります。

 いい条件で引越のアルバイトをしたいなら、アルバイトの紹介業者には行かずに引越業者にそのままアルバイトの応募をすることがおすすめです。

 アルバイトする時期も重要で、3月中旬から4月上旬が引越しのピークと言われています。

 そのため、お仕事はたくさんありますが、たくさんあるために一日2本の引越し先をかかえる事にもなりかねません。

 高いお給料を取るのか、体力を取るのか悩むところです。


未分類 トラックバック:0 コメント:-

営業アシスタントの仕事

営業は会社の対外交渉全般を担当する部署で、注文の受注や客先との使用交渉、契約書や見積書の提出、納品などの仕事を行っています。

 営業アシスタントは、これらの膨大な仕事量の一部を肩代わりすることで、営業担当の作業を軽減する役割を担っています。

 営業アシスタントという仕事は、客先相手に直接交渉する営業活動の他の付帯業務を担当しています。

 では何をするのかは業種や担当部署によって違いがありますが、営業アシスタントは営業が働きやすいように色々な業務をサポートして仕事が能率よく進められるよう取りはからう役職です。

 顧客の獲得や注文の取り付けなどは行いませんが、営業アシスタントの内容によって成績も変わるようです。

 細かい気配りができる人が営業アシスタントという職業に向いています。

 その他には、他人との会話能力や調整力なども重要です。

 営業アシスタントは顧客とのアポ取りやスケジュール調整も行いますし、担当者の代わりに電話口にに出たり、見積書や請求書などの各種書類の作成も営業アシスタントの仕事です。

 
いわば営業アシスタントは「縁の下の力持ち」的存在なのです。

 営業の仕事がしやすいように、環境を整える必要があります。

 営業の秘書ともいうべき営業アシスタントは、営業の仕事の内容をきちんと把握しよく的確にサポートをすることが求められます。

 営業アシスタントも、会社の利益に関わる重要な仕事をしているのですね。

 営業アシスタントは、女性が多いのも特徴です。

 細やかな気配りや、やわらかな対応ができる女性に期待されているのですね。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

通関士の仕事

どんなところで通関士は仕事をすることになるのでしょうか。

 それは「通関業者」とよばれる会社がほとんどです。

 運送会社や倉庫会社、貿易会社、商社、金融機関などが就職先・転職先になります。

 他には輸入品を扱っている百貨店やスーパーなどがあげられます。

 通関士は幅広い分野での活躍をすることができるというのが特徴であるといえます。

 働く会社は通関士専門業務の会社ではなく、通関業と兼業をしているような会社が大多数ということになります。

 必ず一人の通関士を置かなければ、通関業務を営むことができないというきまりがあります。

 物品を輸出入している業者は通関士が必要不可欠です。

 なぜなら通関書類の作成、審査、押印などをしてもらわなければならないからです。

 通関士としての仕事は実に様々です。

 通関手続きや通関書類の作成のみにとどまらず、関税計算書類の審査や不服申し立て、主張・陳述の代行などがあります。

 情報化が進んだ今では、専用の端末を使って税関との書類のやり取りをしています。

 また今は通関の時間が短く、迅速な対応をしなければなりません。

 それは航空貨物が増加しているからです。

 通関士としての仕事は、国の物流を大きく担う、重大な責任のある仕事です。

 通関士への就職や転職は、中途半端な気持ちで取り組むと成功しません。

 私たちの生活に関わるたくさんの種類の物品を扱うわけですから、私たちの毎日の生活にも大きく影響する仕事なのです。

 通関士がいなければ成り立たない国際物流ですから。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

ハローワークで職探し

さまざまな職探しの手段がありますが、ハローワークでの職探しは一般的なものですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 ハローワークは「混んでいる」「時間がかかる」「暗い」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

 実際行ってみた人でも、そのように感じた人はいるはずです。

 長い時間待たされたり、職員の態度も、民間の企業からしたら良いとはいえませんよね。

 サービス業ではないので、仕方ないのかもしれません。

 何となくですが、「親身になって考えてくれてないな」と感じてしまいます。

 確かにハローワークは、あまり良いイメージではないというのが現実ですね。

 ですが、ハローワークにもメリットがあります。

 職探しに費用がかからないということです。

 誰でも無料で職探しが出来るのです。

 無料のセミナーなどもハローワークで受けることができます。

 自己分析の方法や履歴書の書き方、面接においてのマナーなども指導してくれます。

 また最近では、パソコンの前に座って仕事の検索もできるようになっています。

 どちらかといえば、地域密着型の求人が多く、自分の住んでいる地域の近辺で職探しができます。

 もちろん県外の情報もあります。

 また、年齢もどちらかというと幅広く募集しているので厳しい年齢制限で諦めてしまった人も応募しやすいのもメリットです。

 だれしも、近くにハローワークがあるわけではなく、通うには不便な人や、パソコンの台数も限られているので順番を待ったりと、なにかと時間がかかります。

 そのような場合は、ハローワークインタネットを利用してみてはどうでしょうか?自宅のパソコンで自分の都合に合わせて好きな時間に仕事検索ができます。

 また、ハローワークと同じ求人が新聞広告の求人情報や求人
雑誌に掲載されていることもあります。

 自分で応募するのもいいのですが、ハローワークから紹介してもらうことも一つの方法ではないでしょうか。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

通関士の就職

通関士という職業があるのはご存知でしょうか。

 世の中にたくさんある仕事の中のひとつで、私たちの生活にとって重要なものです。

 通関士になるためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。

 そして通関士としての仕事に就くにはどうすればよいのでしょうか。

 まずは通関士ついて学びましょう。

 通関士とは、まず物品の輸出入に関わる国家資格です。

 世界と日本の間で取り引きされる国際物流を支える重要な仕事で、財務省が管轄しています。

 日々私たちの知らない間にも世界から日本へ、また日本から世界へとたくさんの物品が輸出入されています。

 海上貨物といって海から運ばれてくるもの、航空貨物といって飛行機で運ばれてくるものがあります。

 これらの貨物は「誰が」「どこから」「何を」「どれくらい」輸出入するのかということを、税関に報告して許可をもらう「通関手続き」をするのが通関士です。

 通関士は麻薬や拳銃などが日本国内に物流することを防止するために、
輸出入申告が正しく行われているかどうか審査しなければなりません。

 そのうえ消費税や関税などをきちんと正確に徴収しなければなりません。

 通関書類を審査し、その書類に押印するためには、通関士の資格を持っている人が必要なのです。

 通関士の資格を持っていない人は貨物の輸出入申告をすることはできないことになっています。

 ということはあらゆる物品の知識が必要なのが、この通関士という仕事だといえるでしょう。

 そればかりでなく、商品分別の能力に加え迅速な対応が求められるのではないでしょうか。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

コンビニアルバイトの探し方

コンビ二のアルバイトをしてみようと思ったら、それを探すにはどんな方法があるかご紹介します。

 まず一番簡単なのは自分の働きたいと思っているエリアのコンビニに行ってみることです。

 なぜならお店の入り口などにアルバイト募集の張り紙が出ていることがよくあるからです。

 コンビニでのアルバイトが厳しいから辞める人が多いのかな・・・と心配になる人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 24時間365日営業しているコンビニではある程度余裕をもって多めの人数でスタッフを揃えておかなければ、急な休みなどのシフトに対応できないのです。

 そういうわけでアルバイトの募集がたくさんあるのです。

 直接出向く時間のない人でもインターネットの求人には「コンビニ専門」のものもありますし、アルバイト情報誌で探すことも可能です。

 コンビニは日本中にたくさんありますので、自分の学校や家の近くなど働きやすい地域で探してみるとよいでしょう。

 アルバイトに応募したいお店が見つかったらまずは電話です。

 元気よくハキハキとして声で話すようにしましょう。

 面接に行くときは必ず履歴書を持参します。

 丁寧な字で記入漏れのないように書きましょう。

 写真は清潔感のある服装で髪型・化粧は派手すぎないようにします。

 ピアスははずしておいたほうが無難です。

 面接に実際に行くときは時間厳守が鉄則です。

 5分前には到着していましょう。

 そして面接のときにこのお店せ働きたいと思った理由をきちんとオーナーさんに話せるようにしておくことも大事です。

 また自分の希望などがあればきちんと伝えておきましょう。

 自分で実際にお店に行ってみて様子をみておいてから、働きたいお店を決めるのもよいのではないでしょうか。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

コンビニでのアルバイト

24時間働いている人がたくさんいる場所、それがコンビニエンスストアーです。

 このコンビニエンスストアーは今の日本人にとってなくてはならない存在です。

 アルバイトで仕事をしている人が多いようですが、その仕事内容はどんなものなのでしょうか。

 なんといっても接客がコンビニエンスストアーでは一番重要な業務です。

 元気よく接客するとともにレジの操作を覚えなくてはなりません。

 接客内容は商品の袋詰めからお弁当の温めなど様々な内容です。

 お金を扱うため、正確さも求められます。

 「商品出し」という作業は、商品が売れた後、売れた商品をまた棚に整頓しながら並べる作業です。

 コンビ二には色々な種類の商品があることがその特徴でもありますので、いつも品切れにならないようにしておかなくてはならいのです。

 また売り場管理といって、雑誌やお菓子、パン、お弁当などを常にきれいに並べておくようにします。

 商品出しとともに大切な仕事です。

 それからお弁当には必ず消費期限というものがあるので、その期限をチェックして古くなったものは「廃棄処分」しなければなりません。

 お弁当売り場の温度管理とともにやらなければいけない仕事です。

 清潔なお店は人気があるものですから、お店の中や外のゴミ箱、駐車場や窓ガラスそしてトイレの掃除も大切な仕事です。

 「発注作業」という仕事もあります。

 これは端末機を使って商品をどのくらくい仕入れるか考えて発注するもので、ある程度仕事に
慣れた人が行います。

 それ以外にも宅急便の受付業務やギフトなどの予約、年賀状の印刷の受付などがあります。

 お店や季節によって実に様々な仕事があるのです。

 コンビニのアルバイトはある意味で他のどのアルバイトよりもたくさんの種類のことを覚えてこなしていかなければならないといえるでしょう。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

営業の仕事

営業アシスタントになるには、まず営業職がどういうものであるかを理解する必要があります。

 営業アシスタントは、営業にとってどんな役割を果たすのか、アシスタントとして何をするべきなのかが、理解できると思います。

 営業アシスタントは、一言でいえば営業のサポートです。

 「支え」です。

 営業は会社に利益をもたらす大切な役割があります。

 物品やサービス、情報などの商品を利益に結びつける仕事が営業職の仕事です。

 営業の力が大きければ、それだけ会社に多くの利益をあげることができるのです。

 主に販売業務ですが、会社によってその役割はそれぞれです。

 営業マンにとって営業アシスタントは心強い存在です。

 会社にとって重要な役割を果たす営業マンがスムーズに仕事ができるのは営業アシスタントのおかげだからです。

 営業の仕事には、新規顧客の開拓が求められます。

 見込み客に営業をかけたり、広告などを利用したり、既存の顧客からの紹介などで、新規顧客を開拓していきます。

 あらかじめ電話などでアポイントを取った後に訪問する営業、アポイントなしで相手先を訪問する「飛び込み営業」など、営業のやり方は会社によっていろいろです。

 どんな方法にしても商品を売り込みそれを買ってもらうためには、様々な努力が
必要となるでしょう。

 相手とのコミュニケーションの能力だけではなく、商品についてどれだけ知っているかをどのように伝えるかも重要です。

 話だけは聞いてくれることもありますが、商品を実際に購入してくれるまでにはそう簡単には至らないのがほとんどです。

 とはいっても商品を購入してくれたときには大きな達成感や満足感が得られるのも営業職の特徴でしょう。

 簡単にはいかないからこそ営業は面白いのかもしれません。

 営業は商品販売後も、顧客のケアをしていかなければなりません。

 「売って終わり」では次に続かないのです。

 営業は顧客の管理、スケジュールの管理、予算の管理など自分で行うべきことがたくさんあるばかりでなく、その売り上げにも目標が課せられます。

 その仕事はまさに時間との戦いであるともいえます。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

日雇いバイトの良い所悪い所

日雇いバイトとのよさいえば、時給がよく、時間が選べるところです。

 ほとんどの仕事が日払いで賃金が支払われるので、すぐに収入が必要なときには役立つでしょう。

 時給の相場はだいたい1000円くらいです。

 しかし、仕事内容は比較的ハードな場合が多く、時給と照らし合わせた場合、それほど高いといえるかどうかわからないともいえるでしょう。

 仕事がハードで、仕事中に抜け出したという話も聞いたことあるくらいです。

 その逆に楽な仕事が全くない、というわけではありません。

 しかし時給の相場が高いものの、日雇いバイトは交通費がだいたい支給されません。

 ですから、近いところでない場合は、交通費にお金がかかってしまうのです。

 日雇いバイトをするならば、興味のある業界での経験のため、将来に向けての社会勉強、またはまず人間関係を築いておく、などのために働いてみるのがいいかもしれません。

 日雇いバイトは目先のお金を稼ぐにはいいかもしれませんが、ずっと続けるとなると、きついかもしれません。

 ずっと続けるとすると、時給が上がらないという点は、何よりも苦しいと言えるでしょう。

 しかもいつでも仕事をもらえるわけではないので、決して安定した仕事ではないのです。

未分類 トラックバック:0 コメント:-

日雇いバイトについて

日雇いバイトとは、期限30日以内の日にちを決めて雇用される雇用形態のことです。

 このような日雇いバイトという形態で働くのは、主に現場仕事の作業員などのようです。

 日雇いバイトで働く場合、仕事をすればその日にバイト代を支払ってもらえる、というところが普通の仕事とちがうところでしょう。

 また、自分のペースで働けるので、時間に左右されません。

 会社勤めのように人間関係のストレスなど受けることもないみたいです。

 派遣会社がこの日雇いバイトを紹介斡旋する、ということも増えてきているようです。

 登録して、好きなジャンルの仕事を好きなときに出来るとゆうのです。

 若者の間では、こんな
派遣登録による日雇いバイトをする人も増えています。

 日雇いの仕事は、少し前までは現場の仕事ばかりだったのです。

 しかしこのごろは工場内勤務などもあり、販売、引越し業者での仕事、またイベントスタッフといったものもあります。

 今はリストラや就職難で、なかなかひとつの仕事に長く勤められない場合もあるので、そういう人にとっては日雇いバイトは、とりあえずの助けにはなるようです。

 最近では携帯電話で登録できるので、手軽に仕事が選べることもあり、日雇いバイトで生計を立てている人も増えてきています。

未分類 トラックバック:2 コメント:-

| 就職・転職・アルバイト・パートを探すならTOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。