スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

通関士の就職

通関士という職業があるのはご存知でしょうか。

 世の中にたくさんある仕事の中のひとつで、私たちの生活にとって重要なものです。

 通関士になるためにはどのようなことをすればよいのでしょうか。

 そして通関士としての仕事に就くにはどうすればよいのでしょうか。

 まずは通関士ついて学びましょう。

 通関士とは、まず物品の輸出入に関わる国家資格です。

 世界と日本の間で取り引きされる国際物流を支える重要な仕事で、財務省が管轄しています。

 日々私たちの知らない間にも世界から日本へ、また日本から世界へとたくさんの物品が輸出入されています。

 海上貨物といって海から運ばれてくるもの、航空貨物といって飛行機で運ばれてくるものがあります。

 これらの貨物は「誰が」「どこから」「何を」「どれくらい」輸出入するのかということを、税関に報告して許可をもらう「通関手続き」をするのが通関士です。

 通関士は麻薬や拳銃などが日本国内に物流することを防止するために、
輸出入申告が正しく行われているかどうか審査しなければなりません。

 そのうえ消費税や関税などをきちんと正確に徴収しなければなりません。

 通関書類を審査し、その書類に押印するためには、通関士の資格を持っている人が必要なのです。

 通関士の資格を持っていない人は貨物の輸出入申告をすることはできないことになっています。

 ということはあらゆる物品の知識が必要なのが、この通関士という仕事だといえるでしょう。

 そればかりでなく、商品分別の能力に加え迅速な対応が求められるのではないでしょうか。

スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:-

<< ハローワークで職探し | 就職・転職・アルバイト・パートを探すならTOP | コンビニアルバイトの探し方 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。