FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

通関士の仕事

どんなところで通関士は仕事をすることになるのでしょうか。

 それは「通関業者」とよばれる会社がほとんどです。

 運送会社や倉庫会社、貿易会社、商社、金融機関などが就職先・転職先になります。

 他には輸入品を扱っている百貨店やスーパーなどがあげられます。

 通関士は幅広い分野での活躍をすることができるというのが特徴であるといえます。

 働く会社は通関士専門業務の会社ではなく、通関業と兼業をしているような会社が大多数ということになります。

 必ず一人の通関士を置かなければ、通関業務を営むことができないというきまりがあります。

 物品を輸出入している業者は通関士が必要不可欠です。

 なぜなら通関書類の作成、審査、押印などをしてもらわなければならないからです。

 通関士としての仕事は実に様々です。

 通関手続きや通関書類の作成のみにとどまらず、関税計算書類の審査や不服申し立て、主張・陳述の代行などがあります。

 情報化が進んだ今では、専用の端末を使って税関との書類のやり取りをしています。

 また今は通関の時間が短く、迅速な対応をしなければなりません。

 それは航空貨物が増加しているからです。

 通関士としての仕事は、国の物流を大きく担う、重大な責任のある仕事です。

 通関士への就職や転職は、中途半端な気持ちで取り組むと成功しません。

 私たちの生活に関わるたくさんの種類の物品を扱うわけですから、私たちの毎日の生活にも大きく影響する仕事なのです。

 通関士がいなければ成り立たない国際物流ですから。

スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:-

<< 営業アシスタントの仕事 | 就職・転職・アルバイト・パートを探すならTOP | ハローワークで職探し >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。