スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

営業の仕事

営業アシスタントになるには、まず営業職がどういうものであるかを理解する必要があります。

 営業アシスタントは、営業にとってどんな役割を果たすのか、アシスタントとして何をするべきなのかが、理解できると思います。

 営業アシスタントは、一言でいえば営業のサポートです。

 「支え」です。

 営業は会社に利益をもたらす大切な役割があります。

 物品やサービス、情報などの商品を利益に結びつける仕事が営業職の仕事です。

 営業の力が大きければ、それだけ会社に多くの利益をあげることができるのです。

 主に販売業務ですが、会社によってその役割はそれぞれです。

 営業マンにとって営業アシスタントは心強い存在です。

 会社にとって重要な役割を果たす営業マンがスムーズに仕事ができるのは営業アシスタントのおかげだからです。

 営業の仕事には、新規顧客の開拓が求められます。

 見込み客に営業をかけたり、広告などを利用したり、既存の顧客からの紹介などで、新規顧客を開拓していきます。

 あらかじめ電話などでアポイントを取った後に訪問する営業、アポイントなしで相手先を訪問する「飛び込み営業」など、営業のやり方は会社によっていろいろです。

 どんな方法にしても商品を売り込みそれを買ってもらうためには、様々な努力が
必要となるでしょう。

 相手とのコミュニケーションの能力だけではなく、商品についてどれだけ知っているかをどのように伝えるかも重要です。

 話だけは聞いてくれることもありますが、商品を実際に購入してくれるまでにはそう簡単には至らないのがほとんどです。

 とはいっても商品を購入してくれたときには大きな達成感や満足感が得られるのも営業職の特徴でしょう。

 簡単にはいかないからこそ営業は面白いのかもしれません。

 営業は商品販売後も、顧客のケアをしていかなければなりません。

 「売って終わり」では次に続かないのです。

 営業は顧客の管理、スケジュールの管理、予算の管理など自分で行うべきことがたくさんあるばかりでなく、その売り上げにも目標が課せられます。

 その仕事はまさに時間との戦いであるともいえます。

スポンサーサイト

未分類 トラックバック:0 コメント:-

<< コンビニでのアルバイト | 就職・転職・アルバイト・パートを探すならTOP | 日雇いバイトの良い所悪い所 >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。